なかなか好釣果にめぐまれないっす・・・

7月22日(土)

本日はMさんのお声がけを頂き、福井でイカメタルです。

仕立てとまではいかなかったものの、9名?の釣り仲間が集まりました。

福井県小浜市の松福丸です。

マイカの時期は終わりかけのようですが、まだまだじゃないのってことで

チャレンジしてきました。

14時集合、14時30分発で、日が沈むまではえさで五目釣り。その後、イカメタル。

えさはアミエビを用意してくれるらしい。

とりあえずイカメタルはいつもの用意。五目釣りは何をしようか・・・

アミエビがあるからサビキ。水深は60~80mだから少し大き目かなと。

でも、この前伸成丸でしたスーパーライトジグを使った釣りができないものかと

テンヤ竿に50gのジグをつけようと用意してしまった。

14時10分。少し遅れて到着。みなさんもう乗ってました。すんません。

0001_20170723230438f47.jpg

0002_20170723230439347.jpg

0003_20170723230441e67.jpg

ポイント到着。

まずジグを投入するも、ん?真横に飛んでくよ?横のIくんはタイラバをしている。

「何g?」「100gです」。

100gでも真横に飛んでる。その後、Iくんは150gに変更。

Sくんが40号のおもりをつけておとすと底が取れたようだった。40号って約150g。

やっぱりそれくらいは必要みたい。今日のわしの釣り座は右舷の胴。前にはIくん

やKくんたちがいる。後ろは別のお客さんだけど、船竿にでかいおもりがついてる。

推定60号以上。真下に落ちてるのがわかる。ってことはわしが軽いおもりを使うと

後ろにとび、お祭り騒ぎが勃発する。って考えている間にお祭り・・・

その後、船長が移動をして繰り返し、潮がゆるい場所で釣り開始。

ふとジギングサビキを持ってきていたのを思い出し、Sくんに40号のおもりを借り

なんとか底が取れた。すると一発でヒット!

あがってきたのは20センチくらいのカイワリが2匹。とりあえずはほっとする。

でもそれまでは底もとれず、正直何をしているのかわからず迷走していた。

その後はアジを追加し、前半戦終了。イカのポイントに移動します。

潮の速さはどうなんやろってとりあえず12号をつけて入水させるとあら!

また真横に飛んでくわ!。25号をつけても同じ。底取りは不可能。

どうしたらええんかなってロッドを置いて海面ばかりを見ている。誰か釣れたら

タナ聞こうかなって感じでわしの引き出しでは打つ手なし。そうこうするうちに

移動。しかし底は取れない。船中ではお祭り合戦が始まっていた。一番後ろと前がお祭り

するってはじめた見たわ。わしも後ろと左舷側とお祭りし、2回ラインを切った。

船長もあかんと判断したのか大移動開始。けっこう走ったな。

大船団の近くまで来た。そういえばさっきまでのポイントは回りに船おらんかったな。

船長も努力してくれてる。わしもがんばろ!今度のポイントは・・・・

潮がさっきよりはまし。20号で底が取れる。水深も45mくらい。しかし釣りやすいけど

釣れん・・・

口火を切ったのはこの人!Iくんです。その後、ポツポツと誰かに釣れる(わしじゃなく)

まじでイカボウズ?ってことが頭をよぎった。しかし底から丁寧に少しずつシャクリあげて

きたらコン!って明確なアタリ。小さなマイカでした。

わしのイカはそれを最後に終了まで釣れることはなかった。

しかし船首ではWくんが良方を連発してるし、Kくんも釣ってる。SくんはESOマスター

になってるし、なにかしらアタリはある。わしやIくんもアタリはあるものの

のせられない。終わってみれば激渋な結果だった。

左舷側で釣ってたMくんは2杯で終了。

港に戻ってきたのは1時を過ぎてました。

イカも終了かなあ~。わし福井でいい思いしたことがないなあ~今度こそって思ったけど

あかんかった~~~。

また時期をみてチャレンジしたいですね。

今回釣った魚を軽く潮でしめてみました。結構おいしかったですよ。

ではでは!
スポンサーサイト

釣れんかった・・・でも・・・

7月2日(日)

本日は伸成丸です。

今年になってなかなか釣果に恵まれてない?わし。

なんとかここで踏ん張っていい釣果にしたいですね。

朝4時30分いつものメンバーで出船です。

朝一、船長から今日は走るよって。実際、40分くらいかかったかな。

本日のメインターゲットはマダイです。

最初はみなさん、タイラバでスタート。わしはスローでスタート。

まあ朝一のいい時間帯にあわよくば青物をってよこしまな考えではじめました。

でもまあ30分ほどで撃沈。素直にタイラバに変更。でもまあ、いつも言いますけど

わし、タイラバが苦手なんです。へたくそなんです。だからあんまりやらない。

でも今回はやる。やってみます。

魚探にはベイトがびっしり!なんでこれで釣れんの?っていうくらい。

そんな中で最初にかけたのはKくん。ナイスサイズのマダイ(アマダイだったかな)

今日のKくんは絶好調!次々に魚を釣っていきます。

わしまったく当たりなく時間は過ぎて行きます。

そんなわし、今回の最新兵器を投入。

最近流行のマイクロジグを用意しました。50gのマイクロジグです。

こいつを一番柔らかいジギングロッドにつけ、100m下まで送り込みます。

あんまり潮が流れていないし風がないのでできるこの釣り。

底を取るにも時間がかかります。底を1mほど切ってこのジグをふわふわさせると・・・

アタリがきました!あがってきたのはレンコダイ。おっ釣れるじゃん!ってことで

この釣り続行。底でふわふわさせるとツンツンって魚がつつく。

えさじゃないよ、ジグだよ。でも突くんだね。船長から底から20mくらいにベイトの

ラインがあるとのこと。早速このジグをそこにあわす。すると・・・

ジグもってったじゃん。あがってきたのは小サバ。こいつはリリース。

この釣り面白いよ。今度はテンヤロッドでやってみようかな。

その間にもKくんは釣っている。わしはその後は修行だった。

しかし今日は暑い!手がどんどん焼けていく。釣れんからよけいにがんばる。

手が焼ける・・・悪循環?

そしてまもなくラストの流しになるであろう時間。わしはタイラバ。

そしてこの修行をみていた神様はごほうびをくれました。

待望の当たりです。食い込んだのを確認してあわせました。

しっかり時間をかけて巻き上げました。あがってきたのは50cmはないけど

いいマダイです。この魚を最後に本日の釣り終了です。

まあすげえ暑かった!暑くて釣れんとほんとに修行だね。

お疲れさんでした。あっ本日のW君はたぶんマダイをバラシ、おそらく青物を

バラシ、おそらく根魚をバラシてました。取ってたらすごいことになってたかも

またがんばりましょう!そういえばわしも1バラシで1リーダー切れがありました。

次回は取り返したいです。ではまた!

PS船長~、また写真くださ~い!

あかんやん!わし!

6月17日(土)

今日はお初の船です。

Kくんおすすめの船、めっちゃイカが釣れるそうです。ネットでもけっこう有名っすね。

Kくんいわく、「船がイカの墨で真っ黒!」とのこと。楽しみです。

土曜の仕事が終わり、13時過ぎに福井に向け、出発。集合は17時です。

ナビを設定し、時間もあるから関ヶ原までは下で行く。順調に進んで、高速を降り、さあ下道です。

ナビを頼りに進んでいくと、ん?これって前にMくんやWくんと夜中によく来た日向湖じゃないの?

ナビは有料道路を通るように言うてきました・・・・

その前にどっか抜け道がないかと思い、久々に日向湖を1周したわ・・・

思い出に浸りながら道を探すも見つからず、レインボーラインへ。

せっかく金を払ったんでこちらをどうぞ!

0011_20170620212227717.jpg

0010_201706202122151b6.jpg

0009_20170620212214df7.jpg

0008_20170620212212c32.jpg

きれいですね。

で、そこからむかうこと20分くらいかな?目的地到着です。

みなと周辺はこんな感じ。

0003_20170620212154558.jpg

0001_20170620212152d48.jpg

で、本日お世話になるのはこの船です。

0002_20170620212153817.jpg
江村渡船さんです。

Kくんに聞いていたよりは船がきれいです。

みなさん、もう来てました。時間は16時40分。ちょっと早いなあ。

早速挨拶をして準備開始。そして17時半前に出船。

15分くらい?で到着。水深は40m前後。さっそく投入です。その1投目・・・

当たった!釣れてきたのは同長20cmくらいのマイカ。(こっちでいうアカイカ?かな)

幸先いいやん!しかし・・・・

ライト点灯前に釣ってくれという船長だが、ぽつぽつとしか釣れん。

あっというまにライト点灯時間になってしまった。2時間くらいはあったはずなのに。

その間、わし3杯・・・もってねえなあ~

ライトが点灯し30分経過。ぽつりぽつりと周りから釣れ始める。あせるわし・・・

ライトが点くとイカは浮いたり沈んだりを繰り返すんでタナを探すのがたいへん。

で、わしはそれがすげ~~苦手。いつもタナぼけしてしまい釣れん。今日も・・・

タナをあげたり、さげたり、いろいろしても釣れて来るのはぽつぽつと。

まわりは結構釣れているように見える。

魚探の反応は上から下までびっしりらしい。どこでも釣れるみたい。

わしがへたくそっていうのはよくわかった!そして・・・

納竿。みんなの半分しか釣れんかった・・・悲しい・・・

いつかまたリベンジしたいっす。Kくんまたお願いします。

若狭の海に沈む夕日でも見て心を癒します。

0007_201706202122111a1.jpg

0006_201706202122093f0.jpg

0005_2017062021215730a.jpg

でも息子が「イカうまい」って刺身をばくばく食べていたのでよしとします。

ではまた!

PSその前に週に伸成丸の乗合に行ってきましたが、そちらでもちーーんってなってました・・・

わしの横の人はマダイにワラサ釣ってたのに・・・・

わしはサバだけでした・・・・(でも脂が乗ってうまかったっす!)

新たな地での修業的洗礼!

5月28日(日)

タイトルにもあるように今回は新たな場所へ行ってきました。

これまで尾鷲・紀伊長島方面や福井の敦賀・小浜などで釣りをしてきました。

近場の鳥羽、志摩などはまったくもって船でつりをしたことはありません。

いつか開拓しなければと思ってはいたもののなかなか踏み出せませんでした。が!

今回、鳥羽方面へ開拓にいってきました。なぜ行こうと思ったのか!説明すると長いので

また機会があればね。

お世話になるのは鳥羽安楽島から出船している「強丸(つよしまる)」さんです。

電話で情報を聞くと、マダイが調子いいようでタイラバをメインに軽くジギングという感じだった。

WくんとKくんも参戦してくれることになり3人での釣行です。

出船は6時。15分前に着くとすでの2人は来てましたがほかに誰もおりません。まさか・・・

その思いは現実になりました。乗合で申し込んだんですが、結局、わしら3人だけ。仕立て状態です。

船長と挨拶をし早速出船。風が強いです。出港して15分ほどでポイント到着。タイラバ開始。

しかし、爆風!30mほどなのに100g以上でないと底取りも難しい。船はあっという間に流れていくし

爆風だしでほぼ釣りにならず。船長は魚探をみて「ベイトが山盛りだな」って。魚探にはベイトがめっちゃ

映っているらしい。でも釣れない。前回の伸成丸を彷彿させるスタートになった。

ポイントを少しずつずらして行き、島の間から抜けようとする頃、風は強いけど底取りはできるようになった。

潮がゆるくなったかな?そのころにやっとアタリがあった!がわしもWくんもかけることはできず。

そして船長から「ジグはもってるか?」と聞かれ、一応多少は持ってると伝えたら今度は青物を

狙いに伊勢湾に出た。「潮が早いから」と言われ、落としてみると風は強いし、ジグがすっとんでいく。

スパンカーで船をたててくれてはいるもののそれでも底取りはむずかしい。着底見逃すと根がかり。

わしジグのロスト2個・・・Wくん、Kくんもロストあり。他船ではブリやサワラがあがったらしい。

メインベイトは「しらす」らしい。そんな小さなジグは持っていない。とりあえず手持ちで小さな

ジグで釣る。があたりはまったくなし。

そんな中、昼前くらいにWくんがヒット。あがってきたのは60センチのシーバス。

お見事です。その後、Kくんは手乗りガシラをゲット。わしはノーヒット。

船長はベイトの反応を見ながら船を操船してくれるものの、期待にこたえることはできず

14時、タイムアップです。新規開拓は厳しい洗礼を受けてしまいました。

結果、わしはボーーーーーズです・・・・

でも初鳥羽で得るものは多かったように思います。今日得たものをまた次回に活かせればいいですな。

今日はお疲れさんでした。写真を載せておきますね。

ではまた!

0001_201705282101384bc.jpg
強丸さんです。
0002_2017052821014055b.jpg

0003_201705282101411d2.jpg

0004_20170528210143114.jpg

0005_201705282101441be.jpg

0006_2017052821015650a.jpg

0007_20170528210158004.jpg
Wくんが釣ったシーバスです。頂きました。ありがとうございます。

絶好の釣りシーズンですな!

5月14日(日)

昨日の釣りビジョンで鳥羽沖でサワラが釣れてるっていってた!メーターオーバーも

出てるらしい。うらやましい話です。

今日は大阪の輝オートまで行ってきました。担当のSさんと会った瞬間から釣りの

話が始まります。いつも釣りの話が9割、デリカの話が1割くらい。話と用事が終わって

輝オートを出たときは実に2時間30分くらい経ってました。いつも楽しい話をして頂き

、充実した時間をすごせます。ありがとうございます。

で、その釣りの話の中でジギングのフックに自作の話が出てきました。

そういえばこの前の釣りのときにKくんも作りたいって言ってたなと思い、ちょっと作り方

をのせて見たいと思います。あくまでもわしの作り方なので参考程度で見てください。

これ見て作る方は自己責任でお願いしますm(__)m。では作っていきましょう。

今回はこれを作ります。ニードルを使って作ります。
0001_20170514205000db2.jpg
使うものはこんな感じ
0002_201705142050023c5.jpg
まずは作りたいアシストラインをフックのアシストラインの長さの倍+αに切ります。
今回作るのは3センチの長さなので3×2+αで10センチほどに切りました。
これを2本用意します。その切り口を少しほぐして中芯を引っ張り出します。
0003_201705142050031af.jpg0004_20170514205004174.jpg
アシストラインにニードルを突っ込み、真ん中くらいで出します。溶接リングを入れて
ニードルの先端にアシストラインをはさみます。
0005_20170514205006bff.jpg0006_20170514205021894.jpg
ゆっくり先端を引っ張り込みぐりぐりぐりぐりしてください。あせらずにね。
中でニードルがはずれてしまったらやり直しです。
0007_201705142050223ad.jpg0008_201705142050247e0.jpg
でてきたらニードルをはずし、軽く引っ張って整えて、そろえて切ります。
0011_20170514210256be8.jpg
次はフックをさしますがさし方を間違えるとフックが向かい合ってくれませんので
注意してください。
0012_201705142102568ae.jpg0013_20170514210256954.jpg
フックをひっくり返してちもとがアシストラインの後ろにくるようにセットします。
せき糸を巻きます。巻き方は強めに巻いてください。最後はハーフヒッチなどで
数回結んでください。
0014_20170514210257fb6.jpg0015_20170514210258375.jpg
こんな感じでフックをつけます。洗濯ばさみは写真のように1本目の針につけると手に
刺さりにくいです。
0016_20170514211010af1.jpg0017_201705142110117d2.jpg
二本とも結べたらせき糸の部分に瞬間接着剤をつけます。その後、熱収縮チューブを
切って針先から入れます。
0019_20170514211012859.jpg
あとは熱収縮チューブに熱を加えるだけですが、わしはやかんに湯をわかしてその
蒸気でやります。
0022_20170514211013d0d.jpg
これで完成です。左が見本、右が作製したフックです。
0023_2017051421101535e.jpg

今回使用したフックはがまかつの「かまいたち」ってフックです。これは返しがない

バーブレスフックです。返しがないのでラインにフックを通すときもすんなり入って

くれて楽です。通常は返しのあるフックで作りますのでちょっと力を入れてフックを

入れますが、針先が指にささらないように注意してください。あとはフックに事前に

せき糸を巻くこともあります。今回はやってませんが(わしはめんどくさいんで

巻いてない)巻くと強度が増すという実験をされた方もいます。その辺は作る人が

選べばよいと思います。意外に簡単なんでみなさんも作ったらどうでしょう?

また違う作り方も機会があれば紹介しますね。それでは!
プロフィール

Jeepくん

Author:Jeepくん
三重県中を走り回り、釣りやアウトドアなどを楽しんでいるおじさんです。釣りに限らず、見て、聞いて、体験したことなど楽しく書ければなぁと思います。見て頂いた方には、何かしらコメントなど頂戴できるといいなぁ。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
カテゴリ
最新トラックバック
タイドグラフ
三重県-四日市
提供:釣り情報フィッシングラボ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
天気予報
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
楽天