えっ!?まさか・・・&おまけ

9月20日(土)

先週、伸成丸で折ってしまった竿。

レジャー保険があるから何とかなるかと思っていたら・・・

3年前から釣具は対象外になったらしい。ちなみにわし6年前から入ってたんだが・・・

もしそういった保険に入っている方は再度確認してくださいね。

で、どうしようかと悩んでいたら折れた竿を直す会社があるらしい。F遊で仲介してくれるんで

お願いしました。1ヵ月くらいかかるらしい。直ってきたらレポートしますね。

毎年、9月から10月にかけてはいろいろ忙しくなるんだが、予定をみてみると10月の3連休の

真ん中は未定だけどそれ以外は土日祝日を含めすべて埋まっていた・・・

次に空いているのは11月に入ってから。ってことで急遽、連発ですが行って来ました、太幸丸。

でも直前情報では今週はさっぱりらしい。日ムラが激しいらしい。

出港直前にぱらぱらしだした雨。18時出船、まわりはうっすらと暗くなっていた。

結構風が吹いていておまけに潮がめちゃめちゃ速いらしい。沖まで出られず水深40m付近で

アンカー固定。8号では流されておまつり。10号でなんとかってとこ。

開始早々30分で1杯目。おっ今日はなんとか両手くらいはいけるかなって思ってた。



あまかった・・・・

それから22時くらいまでまったく釣れず、20時くらいからは水面近くのベイトを追って

サバやサゴシが暴れまくり。追いかけられているのは小イカ・・・・

22時過ぎに何とか2杯目を追加したんだがタイムアップ。2杯に終わってしまった・・・・

船長に「最低記録やな~~」って。

2杯のイカは1杯ずつ沖漬けと刺身になりました。

こんな釣れん話題ばかりではなくおまけを少し。

わし、ここ1年(長いもので2年)くらいはPEラインを交換したことがない。

使っているのは先週の伸成丸で使っていたジガーのラインはサンラインのジガー1.5号300m(たぶん)

ジギングではサンラインのジガーでテンヤ、鯛ラバなど0.6~0.8号はドンペペ。

あんまり高いラインは使ってない。でもこれまでファイト中に魚に切られたことはない(はず)。

で、そのメンテの方法を今日は紹介。あくまでわしのやり方なんで真似するときは自己責任で

お願いします。m(_ _)m

前提として1回船のつりに行ったら最低でも1週間は空けること。

帰港後、真水でかるく洗う。

帰宅後、ドラグをしっかり締めて水道水で洗う。

完全に乾くまで陰干しする。

以下のものを準備します。

乾いたリール、電動ドライいバー、糸巻き、ボナンザのメンテシート(500円くらいで3枚入ってます)

0008_20140921112804210.jpg

以前はPEにシュも使ってたんですが高いんで・・・

このボナンザのニューセレクトは個包装で3枚入っています。1枚が大きいので取り出して

わしは8枚に切ります。

0009_201409211128054a1.jpg

これ切ったあとね。シートは液体で湿っているので使うもの以外は乾燥しないよう袋へ戻してください。

袋はしっかり口を閉めてね。

で、次

0011_20140921112808698.jpg

リールを竿にセットして1つだけガイドを通し、糸巻き(ドライバーで巻き取れるようした)にテープで

貼り付ける。切ったシートでラインをはさむ。

あとはゆっくり電動ドライバーでラインを巻き取ります。これで1回目終了。

下巻きの手前で巻取りをやめます。使い終わったシートはリールの周りを拭いたり、

竿を軽くふいたりしてます(もったいないんで)。

0012_20140921112809bcd.jpg

こんな感じかな。

さて最後に巻き取りですがおれは普通に糸巻きにペンや鉛筆を差し込んでゆっくり巻いていきます。

このときスプールの手前でもう1度シートでラインをはさみます。2度目の塗りこみ?です。

ゆっくりラインを巻きとり完了。最後にPEにシュなどを吹きつけるともっといいかも。

この方法で切られたこともないです(たぶん)

シートでラインをはさむので痛んでいれば感触でわかります。その際はそこから捨てるか

交換ですね。

これがわしのラインメンテです。前回の小鰤を釣ったラインもジガーを買ったときに巻いたライン

のままですので1年近くになるかな。

お小遣いが限られているかた、ぜひお試しください。

なお、クレームは一切お受けできませんので自己責任で試してくださいね!

ではしばらくは仕事、町内会、家庭サービスにがんばります!ではでは!!!
スポンサーサイト

あ~あ・・・と・・・やった~~!!

9月14日(日)

今日は久しぶりの伸成丸です。

事前情報ではきびしいとのこと。釣りたいなあ。

出船は5:30。鯛ラバ・スロジギ。用意した竿3本。

今回はいつもの鯛ラバロッドではなく最近、あんまりつかってなかったライトジギング

のロッドにイカメタルで使っているカウンター付のリールを装着。

あとはいつものスロジギとジギングのスピニング。このライトジギングロッドが

今日の大きなキーになった。

4時30分、港到着。久しぶりのご挨拶後、皆さんに試作品のプレゼント。

こいつです。
0018_201409160808482a2.jpg

夏の間、いろいろ研究して?作ってみました。

もちろん船長の分もあります。今日は全員これを来てがんばります。

全員着た姿はこちら→伸成丸ブログ

船長には事前にメールで見せてあったんですが、実物みて爆笑してました。

喜んでもらえてよかったです。

出船後、船はとりあえずキントキを狙いに沖へ向かいます。

0011_20140916080820840.jpg
今日もきれいですね~

スピニングのジギングロッドにサビキをつけおもりは実験をかね、初投入。

こいつです。

0001_2014091608550596e.jpg

わしの大好きな夜光カラーです。こいつにフックを付けたら釣れるんじゃないの?

ってことでやってみました。結果は・・・

サビキにもかからんのに釣れるわけないと。

にしても釣れん・・・・

釣れたのはあやめが1匹。

わし、あるポイントでサビキ投入→着低と同時にバイト→ひめ・・・(ダブル)

3連投で全部ひめが釣れて来ました。ひめしか釣れん・・・

0013_20140916085506d53.jpg

そしてポイントをいくつか回り、どこにいってもサバが釣れる・・・

で、わしサバしか釣れん。

そのサバを釣っているときにタイトルの「あ~あ」が起こった!

サバを船の上にぬきあげるとき?ぬきあげた後?にピキッって聞きたくない音がした。

船上で暴れるサバをみるがなにもない。さおをみると!

先端が折れてる!!!!!!まさかと思い何度も見るが折れてる・・・・

0019_2014091608084921d.jpg

あ~あやっちまったな!(古い?)

不幸は続くもので、鯛ラバ用に持ってきたリールの糸の通し方がおかしかったようで

スムーズに糸がでない。直すのに時間がかかる。使用不能・・・

使用可能はスピニングのジギングロッドのみ。ちょっときびしいなあ。

折れたロッドについてたジガーをはずし、鯛ラバ用に持ってきたライトジギングロッド

に装着。200gまでなら対応可能なロッドが1セットできた。

ジガーにつけてあるリーダーが50lbあったんでWくんに20lbを分けてもらって

付け、完成。いつもの鯛ラバロッドではできんかった。

釣れない時間が続く中、ふと見ると船首のほうでIくんが格闘中。

ん?でかいみたい!上がってきたのは70㎝オーバーのマダイ!

Iくんすげえなあ。いつもマダイ釣ってるような気がする。え~な~

おれもジグを信じてシャクろ~~~~。斜体文

そして・・・・・

ついにわしにもビッグチャンスが訪れた!!!!!
着底後、少し巻き上げシャクリ開始、の1シャクリ目で竿が止まった!その後、ジガーのドラグがなった!

きた~~~~!でもマダイの引きじゃないような・・・・たぶん青物!さっきまで大漁に釣っていた

青魚じゃなくてほんまもんの青物

めっちゃラインがでる!止まらんし。巻けるときに巻けってことで少しずつ巻いていくがすぐに走られて

振り出しに戻る。ちらっと時計を見ると12時05分。ちょっと慎重にファイトする。

でも船長から船が流れていく方向に急な駆け上がりがあるらしく、あんまり走らすとラインブレイク

するとの声が!慎重になったのはいつもならリーダー40~50lbだが、今は上記のとおり20lb。

20lbがどこまで引っ張れるのかわからんかったからね。

巻いては走られ、走られては巻きを繰り返し、ファイト時間25分を過ぎた頃、徐々にあがってきた。

残り10mくらいのところで最後の抵抗が始まる。下へではなく横に走られる。

そして船の底のほうへ・・・・竿を海中に突っ込み船底に触れないようにする。

ふとラインのテンションが抜けた!

船長「スクリューにまいたか?」

ロッドを船長に渡すと「たぶん巻いた・・・」

次の瞬間、突然ラインにテンションがかかる!

「おった!」

そのままネットイン!やった~~~!

時間は12時30分。長かったなあ~~。

もってみると重い!船長は6kgくらいかなってことだけどわしにはもっと重く感じた。

帰って量ってみると6kg。船長すげえ。

0017_201409160808464fe.jpg

0015_201409160808262b0.jpg

リーダーを見ると赤い塗料がついていた。船底の色らしい。船を掃除した後だったから

切れんかったらしい。掃除前だったら切れてたって。

その後ロッドを換え、ロングジグを投入。

着底後すぐにバイト!ロッドが大きく曲がる!連発か!?と思いきや

すんなり巻けるリール。上がってきたのは50㎝?くらいのでっけーESO・・・

最後の力を搾り取られしばらく放心状態・・・

すると、今度はWくんがファイトを始めた。

なんかすんなり巻いてくるなあ~青魚?って思っていたら

ワラサやん!このワラサ、ジグを丸呑みして苦しかったらしく戦意喪失状態。

船にあげた後もジグははずれず、ジグつきでKくんが購入したらしい。

1日中穏やかで釣りやすい日でした。潮はめっちゃはやかったけどね。

折れた竿どうしようかな・・・・

お疲れさんでした。

本日の釣果。
0016_20140916080845b2f.jpg

0020_20140916080851197.jpg
シメサバと鰤の刺身です。

9月の我が家の恒例行事

9月7日(日)

8月は釣りに行けんかったことは書きました。

先週も仕事でお泊り、結局アウト。

土曜の昼に帰ってきたものの、その足で名古屋へ。

息子のランドセルを購入しました。

31日は太陽がのぞいたので、夏の終わりを楽しもうといただいたチケットを使って

サニービーチ日光川へ行ってきました。息子も顔をつけて浮けるようになりました。

友人からの情報で若さでは豆あじがよく釣れているとのこと。

我が家の秋の恒例行事の1つ、豆あじを釣って南蛮漬けを食うってのがあります。

なので早速行ってきました。

行き先はいつもの福井県小浜市。

いつの間にか敦賀から高速が通ってました。これにはびっくり。

でも今回の行きはいつもの道で、帰りは高速を使っていきました。

高速のレポートは後ほど。

6時に自宅を出発し現地着は9:40。

10時くらいから釣りスタート。

海をのぞいたときは魚が見えなかったが、サビキを投入すると一気にわいてきた!

釣れます!たくさん釣れます!本日の目標は3けたでしたが、そんなん余裕だな。

conv0004(修整1)
こんな感じで嫁、大喜び!

嫁にサビキをまかせて、わしは持ってきたエギングタックルとヤエンタックルを組む。

釣れた豆あじを針につけ、投入。

エギングタックルは20gのジグをつけ、港の外側に向かってキャスト。

底取りして1回目のシャクリで違和感。あわせるとこいつでした。

conv0002_20140907193555d3d.jpg
エソ・・・・

その後は何もなく沈黙・・・

エギにかえて投げるも沈黙・・・・影も形も見当たらん。

ふと嫁と息子を見てみると

conv0003_20140907193556ff9.jpg

二人でがんばって釣りしてました。

息子も釣れてました。

conv0001_20140907193554a8a.jpg

気がつけば時間はお昼。

携帯ガスコンロで湯をわかし、カップラーメンで昼食。

午後からもえさが無くなるまで釣り、釣り、釣り。

結局14時まで釣ってました。アミエビは2kgだったんだけどね。

釣果は!!!!!

これ×2です。

conv0005_20140907193600170.jpg
約210匹。

早速、この夜のおかずになりました。

帰りは小浜西から高速で帰りました。

三方五湖や美浜を抜けて敦賀に接続します。

小浜西→敦賀は約40分でした。木之本までは1時間弱。

朝は木之本で高速をおり、下道で現着まで1時間40分ほどかかりました。

30分くらいの短縮かな。早かった。料金もETC休日割引で2000円を少し超えるくらい。

これからは楽になったな。

まあでも、どちらかは下道で行っておみやげやいろんな店をみてまわるのもいいかな。

きれいな海と景色の中で久しぶりに釣りができてうれしかったです。

それでは!
プロフィール

Jeepくん

Author:Jeepくん
三重県中を走り回り、釣りやアウトドアなどを楽しんでいるおじさんです。まだまだブログ初心者ですが、頑張って?いや適当に更新をしながら末永く続けられればと思ってます。釣りに限らず、見て、聞いて、体験したことなど楽しく書ければなぁと思います。
いずれはいろんな釣り情報などにも手を出していきたいですねぇ。
見て頂いた方には、何かしらコメントなど頂戴できるといいなぁ。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タイドグラフ
三重県-四日市
提供:釣り情報フィッシングラボ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
天気予報
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
楽天