絶好の釣りシーズンですな!

5月14日(日)

昨日の釣りビジョンで鳥羽沖でサワラが釣れてるっていってた!メーターオーバーも

出てるらしい。うらやましい話です。

今日は大阪の輝オートまで行ってきました。担当のSさんと会った瞬間から釣りの

話が始まります。いつも釣りの話が9割、デリカの話が1割くらい。話と用事が終わって

輝オートを出たときは実に2時間30分くらい経ってました。いつも楽しい話をして頂き

、充実した時間をすごせます。ありがとうございます。

で、その釣りの話の中でジギングのフックに自作の話が出てきました。

そういえばこの前の釣りのときにKくんも作りたいって言ってたなと思い、ちょっと作り方

をのせて見たいと思います。あくまでもわしの作り方なので参考程度で見てください。

これ見て作る方は自己責任でお願いしますm(__)m。では作っていきましょう。

今回はこれを作ります。ニードルを使って作ります。
0001_20170514205000db2.jpg
使うものはこんな感じ
0002_201705142050023c5.jpg
まずは作りたいアシストラインをフックのアシストラインの長さの倍+αに切ります。
今回作るのは3センチの長さなので3×2+αで10センチほどに切りました。
これを2本用意します。その切り口を少しほぐして中芯を引っ張り出します。
0003_201705142050031af.jpg0004_20170514205004174.jpg
アシストラインにニードルを突っ込み、真ん中くらいで出します。溶接リングを入れて
ニードルの先端にアシストラインをはさみます。
0005_20170514205006bff.jpg0006_20170514205021894.jpg
ゆっくり先端を引っ張り込みぐりぐりぐりぐりしてください。あせらずにね。
中でニードルがはずれてしまったらやり直しです。
0007_201705142050223ad.jpg0008_201705142050247e0.jpg
でてきたらニードルをはずし、軽く引っ張って整えて、そろえて切ります。
0011_20170514210256be8.jpg
次はフックをさしますがさし方を間違えるとフックが向かい合ってくれませんので
注意してください。
0012_201705142102568ae.jpg0013_20170514210256954.jpg
フックをひっくり返してちもとがアシストラインの後ろにくるようにセットします。
せき糸を巻きます。巻き方は強めに巻いてください。最後はハーフヒッチなどで
数回結んでください。
0014_20170514210257fb6.jpg0015_20170514210258375.jpg
こんな感じでフックをつけます。洗濯ばさみは写真のように1本目の針につけると手に
刺さりにくいです。
0016_20170514211010af1.jpg0017_201705142110117d2.jpg
二本とも結べたらせき糸の部分に瞬間接着剤をつけます。その後、熱収縮チューブを
切って針先から入れます。
0019_20170514211012859.jpg
あとは熱収縮チューブに熱を加えるだけですが、わしはやかんに湯をわかしてその
蒸気でやります。
0022_20170514211013d0d.jpg
これで完成です。左が見本、右が作製したフックです。
0023_2017051421101535e.jpg

今回使用したフックはがまかつの「かまいたち」ってフックです。これは返しがない

バーブレスフックです。返しがないのでラインにフックを通すときもすんなり入って

くれて楽です。通常は返しのあるフックで作りますのでちょっと力を入れてフックを

入れますが、針先が指にささらないように注意してください。あとはフックに事前に

せき糸を巻くこともあります。今回はやってませんが(わしはめんどくさいんで

巻いてない)巻くと強度が増すという実験をされた方もいます。その辺は作る人が

選べばよいと思います。意外に簡単なんでみなさんも作ったらどうでしょう?

また違う作り方も機会があれば紹介しますね。それでは!
スポンサーサイト

タイラバの勝ち~!

5月5日(祝)

本日は伸成丸です。

前日の話で「無理かも?」ってことでしたが、何とか出船してもらいました。

風、うねりがあってわしら船酔いで撃沈かも!?でしたが朝集合した時点で

船長が思っていたよりもうねりもなさそう。で出船。

0001_20170509192512dc6.jpg

0002_201705091925136ff.jpg
こんな感じです。

港を出るとやっぱりうねりあるなあ~。酔うかなあ~って思いが頭をよぎる。

今日はWくん、Mくん欠席のわしとKくん、Iくんの3人。

準備したタックルはスロー3本、ジギング1本。タイラバは置いてきました。

これが後々後悔することになるとは・・・・

出船後、鳥がけっこう飛んでる。ナブラがでるかなあ~。期待しながらとりあえず

シンキングペンシルをセット。

気配はあったんですが、ベイトの移動が早く、追いつけない・・・

数投はしたものの何も起こらず終了。沖を目指します。

水深は90~100mくらい。青物ねらってロングジグを投入。何も起こらない。

そこからず~~~~~~~~~~~~っと何もおこりませんでした。

エソを釣ったような気がするけどノーカウント。

ベイトの反応は山ほどあるけど何も起こらない。

船長が見るに見かねてタイラバで援護してくれると・・・・

あれ?すぐ釣れたよ?

魚いるじゃん!わしらがへたなだけ?

その後、タイラバのみなさんにポツポツアタリが出始め、マダイやレンコなどを釣ってます。

わしはずーとスローでやってまして、その間、小さなマハタが1匹釣れただけ・・・

またも見かねた船長がタイラバのタックルを貸してくれました。

それでつり始めると・・・・



きた~~~~~!

マダイの引きです!

あがってきたのはこいつでした!

0005_20170509192518482.jpg
船長、写真頂きましたm(__)m.

これからはちゃんとタイラバも持ってこよう!

今回はジグはほとんどいいところがなく、タイラバばかりが釣れていました。

本日の釣果です。

0004_20170509192516722.jpg
右の端っこにいる小さいマハタだけがジグ釣れた魚です。

あとは全部タイラバ。タイラバって釣れますね~。

今日は前回にも少し書きましたが、自作のジグを持ってきました。これです。

0003_201705091925153d8.jpg
ドピンクがほしくて作りました。シャウトのストロボ180gのコピーです。

けっこうよさげな雰囲気はかもしだしてましたよ。今後に期待します。

朝はどうなるかと思いましたが、結局、1日沖で釣りしてましたね。

Iくんは午前中、トイレの住人になってましたが、やっぱりこの人釣りますね。

最後にはしっかり釣ってました。Kくんもスロースタートでしたがちゃんと釣ってました。

今後はもっと柔軟に対応できるようにしていきます。

めっちゃゆれた中、残業までして頂きありがとうございました。

お疲れ様でした。ではまた!
プロフィール

Jeepくん

Author:Jeepくん
三重県中を走り回り、釣りやアウトドアなどを楽しんでいるおじさんです。釣りに限らず、見て、聞いて、体験したことなど楽しく書ければなぁと思います。見て頂いた方には、何かしらコメントなど頂戴できるといいなぁ。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
カテゴリ
最新トラックバック
タイドグラフ
三重県-四日市
提供:釣り情報フィッシングラボ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
天気予報
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
楽天