沖縄釣行記~その3~釣り編

4月30日(月)

お待たせしました。沖縄最終日です。

眠い目をこすりながら4時起き完了。

荷物はすべてもってでないとあきません。チェックアウトは同室の部下にまかせ

5時前には出発しました。

外は結構強い雨。まっくらの中を一路平安座島目指して走ります。

海中道路の真ん中あたりにある休憩所についたのは朝6時前。

ちょっと早く着きすぎました。

海の様子はめっちゃ穏やかです。雨もやんでます。

東の空からは太陽がでています。

おっ!今日は晴れるかも!?って期待できるくらいです。

昨日、夕方に船長さんから電話があり、場所も確認しました。

その場所にいくも・・・あれ?道間違えた?

うろうろしていると前からデリカがやってきた。

運転しているのは・・・

久しぶりにあう船長さんでした。

まずは店に行き、準備開始。

わしのテンヤロッドをみたり、テンヤをみたり、エギをみたりして。

昨日の疑問をぶつけてみました。

「沖縄ではティップランはやってないの?」

「岩礁帯が多くて流しづらいし、シャローのキャスティングででかいのが

釣れるからやる必要がない。お客さんからの要望があるから何度かティップランは

試してみたけど、爆発的釣れるわけじゃないから今のところはキャスティングが

勝っているような感じ」ってことでした。

「じゃあテンヤは?」

「対象魚が根魚になるんでテンヤを使うよりも重いジグヘッドのようなものを

ベイトタックルに付けて釣ってる。スピニングでやるなら、15g前後のテンヤに

えさをつけてキャストして岩礁帯の間を通すとでかいのが食ってくる。今日はこれを

メインにしてやります。イカは昨日も撃沈したし、やってもいいけどめちゃめちゃ厳しい」

そうなんや~って感じでリールをセットすると

「ライン細いですね。PEの何号?」

「テンヤ用に0.6号、エギング用に0.8号です」って言ったら

「1.5号はほしいな」って、先に言って下さい。

「リーダーは?」「フロロの2号」「30lbは必要だな」って

先に言って下さい!そしたらジギングロッド持ってきたのに。

ってことで今回はエギはなしで根魚ねらいのキャスティングテンヤになりました。

エサはイカのニンニク漬け。エビはエサ持ちが悪いので却下。

準備終わり港へ移動。

海風Ⅱです。

012.jpg
乗ってるのは船長ではなく4月からアシスタントをしているSくんです。

6時30分すぎ、いよいよ出船です。

ポイントまで20分ほど。

深さは25m前後。8号テンヤでスタートです。

「着底したらすぐにあげてください。根掛かりしますので」とアドバイスをもらい

1投目。

着底後、1回目のリフトで違和感。合わせると・・・

ん?根掛かり?

しかし、おかしい。でも巻けない。ラインを緩めるとまた違和感。魚がついていました。

1投目から釣れちゃいました。(でも小さいので写真なしのリリース)

その後もぽつぽつ釣れてくるも、サイズは小さい。

ここの岩礁帯は20~30mで起伏がはげしく、気を抜くとすぐに根掛かりしてしまう。

船長も「でかいのおらんな~」といいながら場所を変え船を流します。

このころには波は大きく、うねりが混じってきました。

これ以上天気はよくならない、悪くなる一方という船長の判断で大移動。

平安座島の反対側に移動。30分くらいかかったのかな。

風はすごいけど、うねりはまったくありません。

風は島にあたるのでうねりはでないそうです。

こんな感じ↓

013.jpg

ポイントにつきシーアンカーを投入するもけっこうな勢いで流れていきます。

エギングロッドにテンヤをつけてキャスト。

1度底を取り、4~7回ほどしゃくり、フォール。これの繰り返し。

岩礁帯なので岩の上にのったり、岩を抜けると深くなったりします。

アタリがあったら即アワセ。魚を岩礁帯から離さないとキャッチはできません。

まずは↓

014.jpg

やっと写真が撮れました。(名前はわかりません)

その後もぽつぽつと釣れてくるのがこれ↓

015.jpg

その他後ろでSくんがヤガラをヒットさせたりしてました。

ポイントを変えながら釣っていると、あるポイントでひったくるようなアタリがありました。

大アワセし魚をかけました。あんまり暴れてないなあ、でもこれまでとは違う、明らかに大きい

って感じで巻いてきました。あんまり走ることもありません。しかし・・・

姿を見て船長が「タマンや!」と叫びました。

「でもタマンにしてはひかんな、小さいのかな」

えっ?釣れちゃったの?前回のリベンジ?え~~~!



前回の沖縄の釣りでは沖縄の超人気釣り物ハマフエフキこと「タマン」にフックを2度も伸ばされ

キャッチできなかった思い出がありました。今回、タマンはシーズンが外れているとのことも

あり対象魚にははいっていませんでした。

しかし、そのタマンが釣れちゃった!

016.jpg

たしかにサイズは小さいです。大きなものは70センチ 3kgオーバーもいるらしい。

そんなんは、こんなタックルではとれない。掛けた瞬間に根に入られラインブレイクで終了って

感じ。まあ、こんなタマンもいるんだってことにして釣り再開。

すると、またひったくるようなアタリ。

こんどは大暴れしてます。「こんどもタマンかな」

ファイト中、船長に「竿をもっとおろして」とアドバイスを受けながら

取り込みました。

そしたら「ん?タマンじゃないな。イソフエフキやな」

それがこれ↓

017.jpg

似てるけどタマンは岩礁帯に多く、こいつは砂地のほうにいるらしい。

そしていよいよ最後の一流し。

沖縄に来たかったすべての思いをこの1投にこめ、キャスト~~!









根がかり・・・

まだ終わりたくないって事か!

船長がはずしてくれました。

まるで嫌がるテンヤを説得しなだめてまたおいでと言ってくれたような。

そのままロッドオフ、納竿となりました。

港に戻る船からみた海は沖縄らしい青い海でした。

018.jpg
こんどはいついけるかな。

目標のタマンは釣れちゃったから、こんどはルアーでサイズアップ&2kgオーバーのアオリイカ

かな~~

船長、Sくんありがとうございました。

また、お願いします。

今回もお世話になったのは「海風」さん。

うるま市の平安座島にあります。一度HPをのぞいてくださいね。

沖縄、楽しかったですよ。

PS この日の同時刻、三重県では伸成丸ではMくんやWくん、Iくんがイカ&マダイに

  挑戦していたようです。その模様は伸成丸のブログでどうぞ。
  
  アオリは2kgまであと1.8kgだったそうです。

  お疲れ様でした・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

イカも鯛も 釣れたよ~^^

苦戦しましたがね・・・i-201

No title

>船頭さん

イカ、調子悪そうですね。

でもマダイはえ~な~って感じです。

俺もいきたい!
プロフィール

Jeepくん

Author:Jeepくん
三重県中を走り回り、釣りやアウトドアなどを楽しんでいるおじさんです。釣りに限らず、見て、聞いて、体験したことなど楽しく書ければなぁと思います。見て頂いた方には、何かしらコメントなど頂戴できるといいなぁ。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
カテゴリ
最新トラックバック
タイドグラフ
三重県-四日市
提供:釣り情報フィッシングラボ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
天気予報
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
楽天