考察の続き

考察② 続き
 自分の釣り
・テトラの際から探り始める。
・えさが着底するまで落とす。
・2~3回程度誘いを入れる。
・ピックアップし次の場所へ。
 
※アタリはあるがのらない。
 カニがつぶれてくることがある。
 (しかし、岩ガニならともかく砂ガニで食いきらないことって
  あるのかな)
 ガシラ、タケノコは釣れる。(しかし、小さい)

・際であたらないと少し沖、少し沖というように
 前へ打つ。それでも当たらない→移動
・前日、山本太郎さんのチヌ道一直線を見て前打ちは
 とにかく丁寧にと言っていたので、丁寧な釣りを
 心掛けた。

考察③  結果
・周りは釣れていた。
・特に自分より南にいた人たちは鼻息があらかった。
 クーラーのふたがしまらない。
・自分より北にいた人は元気がない。
・北には常連さんが多かった。
・南にはあまり見かけない人が多かった。

まとめ
①自分の釣り方が間違っているとは思えないが
 微妙なアタリがとれていない→へたくそ(魚はいる)
②場所の移動が常連さんに比べて少ない。
 (1箇所にこだわっている)
③テトラの際など投入箇所が少ない。
など以前からわかっていたが出来ていないことが
この考察ではっきりわかりました。
①は釣りまくるしかないと思います。
②、③はもっと頭を柔軟にしてこだわらずに結果を追求しければ
と思いました。

こういう結果はわかっていましたが改めて書くとはっきりしますね。
日々、精進ですね。

おまけ
今回、前打ち用の竿に0.6gのジグヘッド、えびのワームをつけて
落としてみました。

一撃でガシラがヒット。それも3連続。小さかったけどね。

写真撮ったんだけど、保存してなかったみたい・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jeepくん

Author:Jeepくん
三重県中を走り回り、釣りやアウトドアなどを楽しんでいるおじさんです。釣りに限らず、見て、聞いて、体験したことなど楽しく書ければなぁと思います。見て頂いた方には、何かしらコメントなど頂戴できるといいなぁ。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
カテゴリ
最新トラックバック
タイドグラフ
三重県-四日市
提供:釣り情報フィッシングラボ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
天気予報
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
楽天